学生の時期にサークル活動に夢中で借りたキャッシング

学生の頃にしたキャッシングの返済が社会人になってもしばらく続いていたので、なかなか預貯金が貯まらないという時期がありました。その期間を取り返すべく、現在はかなり無駄な出費を控えた暮らしをするようにしています。

なかなか付き合いもありますし、人並みの暮らしをしながら貯蓄を遅ればせながらするというのはたいへんなことになってしまったと感じています。このような状況になったのは学生の頃に夢中になっていたサークル活動が原因でした。

両親が大学のための学費と下宿代を出してくれていたのですが、サークル活動をあまりにも熱心にするとアルバイトに注げる頻度も限られ、一方では合宿や遠征などで出費の方が勝っていました。そのために学生でも借りることのできるキャッシングを利用しました。

一応アルバイトをして継続的な収入もあるので、借り入れそのものはスムーズでした。しかし一度に借り入れで補うことができて一息ついたものの、返済が少しずつといっても待ち受けているので、出費の多い中ではなかなか心が休まりませんでした。

社会人になり、給与収入ができたことで返済に余裕ができたのですが、学生の時期に貯金をするどころか、借り入れを残してしまいました。今から思うと、もう少し学生生活でお金回りのことを工夫しておけば、後々まで負担が残らなかっただろうと感じています。