思い切っての借り換えのタイミング

キャッシングのみならず借入金全般に対して言えることですが、よりいい条件の金融商品を見つけた時は積極的に借り入れを行いましょう。もちろん申し込みを乱発するのは後々の他の機会での審査に悪影響を与えかねませんので避けるべきです。ただ長期間にわたってお金を借りれば借りるほどこうした条件の良し悪しは大事です。たかが金利にして1%だろうと言ってもそれが金額によっては返済時に数千円ずつ影響することになるのです。

ではいつが借り換えをするタイミングとして最適なのでしょうか。一つはその会社での借り入れを継続的に行っていることが審査を受ける上で有利に働くので、借り入れてすぐではなく半年程度はきっちり返済をしてきたという実績を取っておくべきでしょう。審査の中にはこうしたヒストリーと言われる当人と金融機関の関係性が健全かどうかを見られる項目もあります。借り換えを頻繁に行うことはそのために推奨されません。少なくとも借り入れから半年は期間を置くべきでしょう。

次に見るべきタイミングとしては自分の利用額に物足りなさを感じるようになったときです。大抵の初回借り入れのケースではなかなか限度額は高くなりません。長い期間使うようならやはり限度額に不満を覚えることもあるでしょう。そう思うようになったときこそ、新たな金融機関に借り入れを申し込むよいタイミングと言えます。必ずしも限度額が増えるとは言えませんが、ある程度利用をして物足りないように思う時は他の金融機関に変える潮時ということです