学生のキャッシングについて

つらい受験戦争がついに終わってバラ色のキャンパスライフがはじまる・・・。

そんな彼・彼女達にとって学生生活とは勉強もさることながら、サークルやゼミ、バイトなどの友達と遊ぶのもひとつの目的と言えるのではないでしょうか?

しかし、学生達にとって常にお金が無いというのもまた事実。毎月の食費・家賃・携帯代・公共料金の支払い・教科書代・・・、さらにそこに急なコンパやサークルの合宿等の予定が入ったりすると、親の仕送りやバイトの給料だけではやりくり出来なくなることも多々あると思います。

そんなときに助かるのは学生キャッシングです。

「学生でもキャッシングできるの?」とまず考えてしまうと思うのですが、学生でもキャッシングは可能です。しかし、いくつかの条件はあります。

・20歳以上の方
・アルバイト・パート等で安定した収入がある方

また必要書類として本人確認書類(運転免許証、保険証、パスポートなど)が必要です。

さて、上記の条件を満たしていても必ずしも審査が通るわけではありません。

やはり社会人として働いているサラリーマン等に比べれば審査も厳しくなります。
学生がキャッシングの審査に通りにくい原因は「安定した収入が無い」「個人信用情報(クレジットヒストリー)が無い」ためです。

では「安定した収入」とはどれぐらいの年収といえるのでしょうか?

実はキャッシングに共通していえるのですが、年収はあまり関係ありません。

それよりも収入の安定性・勤続年数が審査において重要になります。

勤続年数が長いほど安定した収入が得られていると判断されるので、審査が通る基準としては、1年以上の勤務期間が望ましいでしょう。

次に「個人信用情報(クレジットヒストリー)」ですが、学生の場合、クレジットやローン・キャッシングなどの利用が少ないため、個人信用情報が少なく審査が通りにくいのです。
そのことからも、過去にクレジットを利用し、しっかりと返済の実績がある学生のほうが審査が通りやすいといえます。
つまり返済する能力があると判断されるのです。

社会に出て仕事をして常に収入がある社会人とは違い、学生の本分はあくまで勉強・学校へ行くことにあります。

学生がキャッシングをするのはあくまでも一時的なものとして考えたほうが良いでしょう。無理の無い返済プランを心がけましょう。