キャッシング審査での意外な重要ポイントとは

お金が必要なときにすぐに借入できるので多くの人がキャッシングを利用しています。

でもキャッシングを利用するにはまず審査に通らなければ始まりません。キャッシング審査の基本的な条件としては、年齢が満20歳以上69歳以下で安定収入があることです。

20歳以下でも借入できる会社もありますが、その場合は利息が通常よりも高めに設定されていることが多いので注意が必要です。また70歳を超えて借入することはできません。高齢者では預金や土地家屋などの資産のある人が多く、若い人よりも経済力がある場合が多いです。ただ審査で重要なのは毎月安定的に収入がきちんと入ることなので、無職で収入がなければキャッシングを利用することはできません。

逆に収入があれば正社員でなくても大丈夫です。パートやアルバイトや派遣社員でも審査を受けることができます。アルバイトなどで収入が低くてもと毎月固定収入があれば審査通過の可能性があります。

もし審査に不安があるときは、無料の簡易診断を受けてみると良いでしょう。わずか3問程度の簡単な質問に答えれば、その場ですぐに診断結果が出て借入できるかの目安がわかります。良い結果なら審査に通る可能性は高いので、安心して申込みができるわけです。

審査では様々な属性項目についての評価を行います。例えば実家で親と同居している人は、一人で暮らしている人よりも評価が高くなります。また住居を短期間で転々とする人より、長く同じ土地に住んでいる方が高く評価されます。

他にも色々な属性項目について審査します。審査は属性スコアリングで短時間で自動審査されます。ネット申込みによるWeb審査の場合なら30分~1時間ほどで結果がでます。

キャッシング審査では申込者の信用情報も重視されます。他社借入が3社以上あると審査落ちします。

過去3ヶ月以上の滞納がある場合や、年収の3分の1を超える借入があるときも審査通過が難しくなります。

申込者についての情報は、専門の信用調査機関で調べればすぐにわかります。これらの項目について総合的に審査して、返済能力があるのかを適切に判断するのです。