アルバイトの人がキャッシングを受ける時のポイント

キャッシングの審査では、年収、勤務形態、勤続年数、年齢、居住形態、居住年数、個人信用情報、他社からの借入状況などが総合的に判断されていくらまでの融資が可能かという結果が出ます。
アルバイトの人は勤務形態という1つの項目で不利になっていますが、致命的な不利ではないので、他の項目が問題なければ審査には通ります。
例えば大手チェーンでバイトをしているとか、バイトでも勤続年数が長いとかいった事情があれば、審査で有利になります。
居住形態については、賃貸よりも持ち家の方が有利になります。
居住年数が短い人はまたすぐに引越してしまって連絡がつかなくなるかもしれないと疑われるので、やや不利になります。

特に個人信用情報については重要です。
過去に延滞をしている人は、「期日を守ってきちんと返済できない人である」と疑われてしまうので、年収が高くても融資を断られる可能性が高くなります。
無理のない金額を借りて期日をきちんと守って返済することが大切です。